吉川愛 子役の時の「吉田里琴」のイメージを一掃&子役時代を振り返り!!

吉川愛 子役の時の「吉田里琴」のイメージを一掃&子役時代を振り返り!!

吉川愛さんといえば、ドラマや映画などで活躍する大人気女優ですが、実はその才能は子役の時代から開花していたのです。今回は、吉川愛さんの子役の時代についてご紹介します。

スポンサーリンク

吉川愛が出演した子役作品

吉川愛さんは、1999年10月28日生まれの23歳で、現在は研音に所属している女優さんです。

しかし、吉川愛さんは、子役の時代は「吉田里琴」という芸名で活動していました。

3歳で芸能界入りし、5歳の時にコカ・コーラの爽健美茶のCMでデビューしました。

その後も多くのドラマや映画に出演し、天才子役として注目されましたが、2016年4月に一時芸能界を引退しました。

2017年4月に研音からスカウトされて芸能界に復帰し、現在の「吉川愛」という芸名に改名しました。

吉川愛さんが子役時代に出演したドラマは以下の通りです。

2006年:未婚6姉妹(寿美海役)
2007年:山田太郎ものがたり(山田五子役)
2007年:ホタルノヒカリ(雨宮蛍の幼少期)
2008年:オー!マイ・ガール!!(桜井杏役)
2009年:メイちゃんの執事(麻々原みるく役)
2009年:水戸黄門(おさと役)
2010年・2012年:ハガネの女(菊田真理衣役)
2012年:リーガル・ハイ(安永メイ役)
2013年:夜行観覧車(村田志保役)
2013年:あまちゃん(高幡アリサ役)

吉川愛さんが、子役時代に「吉田里琴(よしだりこ)」という名前で活動していました。そのときに出演したドラマはたくさんあります。上でも紹介しましたが代表的なものをいくつか紹介しますね。

  • 『ホタルノヒカリ』(2007年):主人公の雨宮蛍の幼少期を演じました。
  • 『山田太郎ものがたり』(2007年):貧乏な山田家の五女・山田五子を演じました。
  • 『メイちゃんの執事』(2009年):麻々原みるくというお嬢様学校の生徒を演じました。
  • 『あまちゃん』(2013年):高幡アリサというアイドルグループ「G☆C☆G」のメンバーを演じました。
  • 『夜行観覧車』(2013年):村田志保という殺人事件の被害者の娘を演じました。

他にも、『ハガネの女』『リーガル・ハイ』『東京特許許可局』など、多くのドラマに出演しています。子役の時代から高い演技力で注目されていたんですね。

吉川愛さんは子役を経験した後一度芸能界を引退していた!?

吉川愛さんは、2016年4月に高校入学と同時に学業に専念することを理由に芸能界を引退されました。

しかし、その間もテレビを見たり役者の姿を見ているうちに、「また女優をやりたい」と思われたそうです。

そして、2017年4月に芸能事務所『研音』にスカウトされ、芸能界に復帰されました。

復帰する際に、本名の「吉田里琴」から「吉川愛」に芸名を変えられたのは、新しいスタートを切りたかったからだそうです。

吉川愛が本名使えない真相に迫る!!子役時代の名前は何!?
吉川愛さんが自分の本名が使えないことになっています。そこには元事務所との確執があるといわれており、吉川愛さんの本名を商標登録した可能性があります。その真相に迫ると共に子役時代の本名が何だったかを調査しました。

スポンサーリンク

 

吉川愛 子役の時代から活躍中であるが憧れの女優さんは??

吉川愛さんは、憧れる女優さんとして、共演経験のある深田恭子さん綾瀬はるかさんを挙げています。

また、二階堂ふみさんも憧れの存在で、どの役をやっても二階堂さんらしさが出ていて、どの役にもハマっていると感心しています。

吉川愛さんも、どの演技をしても「吉川愛ちゃんじゃないとこの役ができないね」と言われるような女優になりたいと語っています。

吉川愛さんは子役の時代から色んな経験をしているので、それが強みになると思います。なぜそのように言えるかと言うと、色々な経験をしている中で、他のベテラン女優さんの演技を間近で見ていることで、伝わってくるものが違うと思うからです。

子供の頃は大人と違って吸収し易い感じがあると思うので、この先もその子役の時代の経験が活きてくると思います。

吉川愛の好きな男性のタイプは??

吉川愛さんの好きな男性のタイプは、ハリウッドスターのジェイソン・ステイサムさんです。また、常識のある方貫禄のある渋い男性も好きなようです。 結婚については、20代後半でしたいという願望があるそうです。

吉川愛の性格はどんな感じ??

吉川愛さんの性格は、真面目で何事もとことん突き詰めるタイプだそうです。 また、活発で男っぽくてはっきりした性格で、ズバズバ物事を言うこともあるようです。

しかし、それは彼女のプロ意識が高いからであり、決して悪い意味ではないのだと思います。

吉川愛の脱子役のインタビュー

一度、引退したことで成長した姿でカムバックした”脱子役女優”である吉川さんですが、彼女のことが分かり易い動画ありました。彼女の知られざる一面が見られる動画かな~って思います。

吉川愛の経歴の紹介

  • 吉川愛さんは、1999年10月28日に東京都葛飾区で生まれた女優です。本名は吉田里琴(よしだりこ)です。
  • 幼少期から芸能事務所に所属しており、5歳の時にコカ・コーラの爽健美茶のCMでデビューしました。
  • バレエやピアノを習っており、幼少期から芸術に触れる環境で育ちました。
  • 2008年にはテレビドラマ『メイちゃんの執事』に出演し、その演技が注目されました。
  • 2013年には連続ドラマ『夜行観覧車』に出演し、その演技力が高く評価されました。
  • 同年にはNHKの朝ドラ『あまちゃん』にも出演し、その活躍が広く知られるようになりました。
  • 2016年には学業に専念するために一時的に芸能活動を休止しましたが、2017年に研音に所属し、吉田里琴から吉川愛に芸名を変更して復帰しました。
  • 復帰後はテレビドラマや映画で精力的に活動し、その演技力と魅力で視聴者を魅了しています。
  • 2021年には映画『ハニーレモンソーダ』でヒロイン役を演じ、第45回日本アカデミー賞新人賞を受賞しました。

吉川愛さんの演技は繊細でありながらも力強さを持ち、彼女が演じるキャラクターに魂を吹き込んでいます。

今後も吉川愛さんの成長と活躍に期待が高まっており、彼女の作品から目が離せません。

吉川愛さんのキャリアの節目や受賞歴を振り返りつつ、彼女の素晴らしい演技力と才能を紹介しました。彼女の今後の活躍に期待しつつ、彼女の作品を楽しみに待ちたいと思います。

吉川愛 子役の時代のかわいい画像5選

吉川愛 子役の時代のかわいい画像①

吉川愛 子役の時代のかわいい画像②

吉川愛 子役の時代のかわいい画像③

吉川愛 子役の時代のかわいい画像④

吉川愛 子役の時代のかわいい画像⑤

スポンサーリンク

 

吉川愛 子役の時の「吉田里琴」のイメージを一掃&子役時代を振り返り!!『まとめ』

吉川愛さんは現在23歳で3歳で芸能界デビューを果たし、5歳でCMに出るなど子役時代から天才子役として注目されていました。

吉川愛さんの子役時代はいろいろな経験をし、たくさんのことを学んだと語っています。

これらのことから、吉川愛さんの子役の時代というのは才能や魅力が存分に詰まったものであったと思います。

一旦引退をしたものの改めて外側から見た芸能界が眩しく見えたのかもしれません。それだけじゃなく、吉川愛さん自身が女優が好きだということを再認識したのではないでしょうか。

今後の更なる吉川愛さんのご活躍をお祈りします。

タイトルとURLをコピーしました